社内?社外?社員研修の講師の選び方

社内の講師を選んだ場合のメリット

社員研修は新入社員だけでなくベテランの社員も教育する事の出来る大切な機会です。この社員研修が成功するか否かによって会社の経営に大きな影響を与えると言っても過言ではありません。そのため、講師を誰にするかといった問題は非常に大切だと言えます。 社内の人間を講師にするメリットとしては、業務の事を深く知っている人が先生役となるために、研修を受ける社員からの細かい質問があった場合に的確な返答をする事が出来る点にあります。また、先生役には上司だけでなくほとんど年の離れていない同僚を立てる事もできますので、同じ目線から業務に関する意見を交換する事も出来ます。先生役、そして研修を受ける人間双方にメリットのある社員研修の方法だと言えます。



社外の講師を選んだ場合のメリット

社員研修に会社外部から講師を招き、一般的なビジネスマナーであったり仕事をする上での意気込みなどを教えるという研修方法は最近では定着しつつあります。この方法では、人に物を教える事に対して慣れている人物が先生となって教えてくれますので、丁寧な説明が期待できます。また、社外の人間が先生となりますので、他の会社ではどのような企業努力をしているのかを実例を交えて紹介して貰う事の出来る点も魅力と言えます。 また、社外の人間を講師として招くことにより、研修を受ける社員だけでなく経営者にとっても為になる話をしてくれる事も多いです。会社の売り上げを上げるためのノウハウであったり、それぞれの社員がどのような意気込みを持って働くべきかを客観的な視点で解説して貰う事ができます。